金融機関コード:0630
支店コード:001
文字サイズ:[  ]
東京支店 改正犯罪収益移転防止法に関する行内研修を実施

2016101日より改正犯罪収益移転防止法(以下、「犯収法」という)が施行されます。これを受け、実務関連部署に犯収法の内容を正しく理解して貰うため、東京支店はコンプライアンスプログラムに基づき行内研修を実施しました。犯収法はKYCAMLおよび反社会的勢力排除に関する法律であり、金融機関の健全運営のため非常に重要です。改正犯収法では、更に厳格な基準が設けられ、規定に違反した場合は、業務停止の行政処分または刑事責任を問われる可能性があります。

今回の研修では外部弁護士を講師に招き、犯収法の基本内容、改正点、実務上の留意点等について詳しい解説を受けました。研修内容を重視し、各関連部署スタッフのほか、マネジメントも参加しました。また、理解度を確認する為、研修後には該当者を対象としたテストを行いました。

東京支店は今後とも犯収法に基づく実務対応を徹底し、コンプライアンス管理力の向上を目指してまいります。